So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

バラ レディエマハミルトン [ガーデニング]

本日の「レディ エマ ハミルトン」は、耐病性、樹形、花姿などいずれも優れた品種として、Austinが作出した作品の中でも特筆できるバラだと思います。
次々と枝を分枝させて花をつけます。少し赤みがかったオレンジ色の花色と、強いフルーツとティーの混じった芳香も魅力ですね。強健で育てやすく、イングリッシュローズを最初に育てるならコレです。

バラ園の風景:
春の横浜イングリッシュガーデン
スポンサードリンク





今日のバラ:レディ エマ ハミルトン
レディエマハミルトンはシュラブ系

レディエマハミルトンは四季咲き性

レディエマハミルトンはカップ咲き

イングリッシュローズ系統のバラです

オレンジイエローの中輪サイズ

レディエマハミルトンはティー系の芳香がある

作出国:イギリス
作出年:2005年
作出者:David Austin
系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
交配:実生 × 実生
咲き方:四季咲き
花形:カップ咲き
花径:中大輪(9cm・花弁数41枚+)
香り:強香(ティー香+フルーツ香)
樹形:シュラブ樹形(自立できる横張り性)
樹高:100cm
撮影:花菜ガーデン 2017年5月
スポンサードリンク




nice!(50)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -