So-net無料ブログ作成
検索選択

ハーブ ガーデニング コモン・セイジ:1  [ハーブのガーデニング]

 
ハーブの効能と豆知識
●私たちは、心と身体のバランスが調和のとれている時が、穏やかで心地
良く感じるのではないでしょうか。
ハーブは、その心地よい香りと可憐な姿で、私たちを穏やかで豊かな気分
にさせてくれます。
●ガーデニングの豆知識
ハーブが野性の力を発揮できる庭植えは、花や葉の色あい良く、健康に
生長して、手入れも水やり、追肥の手間も少なくてすむのが魅力です。
しかしその反面、長雨や、寒さなど気候の影響を受けやすく、季節ごとの
気配りや、手入れが必要な面もあります。
一方でベランダや軒下に並べて置ける、鉢やプランターは、天候や季節に
応じて移動が可能なのが利点です。すぐに手の届く場所に置けば、ティー
を入れた時、簡単に摘み取りハーブティにしたり、料理を作りながら新鮮な
ハーブを利用する楽しみもあります。
ハーブは生育が旺盛なので、基本的には単一の種類だけ植える方が向い
ていますが、花色や葉色が異なる種類を寄せ植えにして色とりどりの花
が咲くのも楽しみたいものです。
※ここではセージの中で代表的な、コモン・セージをとりあげました
Common sage コモン・セージ:1
 common_sage.jpg
◇ 分類:シソ科・サルビア属 / 原産地:ヨーロッパ
  学名:Salvia officinalis 
  別名:(和名・ヤクヨウサルビア、ガーデンセージ)
  常緑低木:耐寒性 / 草丈:40~100cm
  開花期:6~7月中旬 / 栽培方法:地植え、鉢植え
◇特徴:
・パープルセージ(S.officinalis 'Purpuracens'):暗赤緑色の葉をして
いて、特に新芽の時期は色が濃くて美しく生育とともに、普通のセージの
緑色になります。
・ゴールデンセージ(S.officinalis 'Icterina'):明緑色の葉に黄色い縁
取りが不規則に入ります。明るく賑やかな雰囲気の品種です。
・トリコロールセージ(S.officinalis 'Tricolor'):緑・白・赤(紫っぽい
ピンク)の3色に彩られます。
◆シソ科サルビア属を英名でセージと総称しています。セージはサルビア
属の植物すべてを指しています。
※サルビア属は、温帯、熱帯の広い範囲に分布しています。耐寒性のもの
から、非耐寒性のものまで様々な種類があります。
芳香と薬効、そして花の美しさを持つ種類も、たくさんあります。Salviaの
意味は、健康、安全を意味し古代ギリシア・ローマ時代から家庭の健康薬
として使われ続け、中世以後は料理にも使われるようになりました。
20世紀になり抗酸化機能や抗菌性作用が、科学的に確認されて用途が
広がりました。栽培管理の面から、低木セージと草本セージに分けられます。
◆サルビア属の仲間ではありまあせんが、セージと名が付いている植物も
あります。
・ロシアンセージ(Perovskia):南西アジアからチベットにかけて分布する
大型の草花です。
青紫色の花を咲かせ、草丈は80~150cmになります。宿根草、耐寒性。
・エルサレムセージ(Phlomis fruticosa):フロミス属は地中海沿岸から
中央アジアに約60種が分布する低木です。
セージの代用として利用されたり、草姿がセージに似ていることから、この
名前が付いたといわれます。

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0