So-net無料ブログ作成
検索選択

ハーブで健康生活 ガーデニング コモンセージ PART:3 [ハーブの効能]

●ハーブの効能
ハーブのガーデニングほど楽しく、そして暮らしに役立つ植物があるでしょ
うか。
調理用のびん入り乾燥ハーブしか手に入らなかったのが懐かしいくらい
最近では、お茶や香辛料、お菓子の材料、ポプリ、クラフト、浴剤、芳香剤
香水、アロマテラピーなど多くの用途に利用されるようになり、専門店以外
でも販売されるほど、多くの人から愛好されています。

ohuna_10.jpg
ラナンキュラス(ハナキンポウゲ) 初春に咲く花 キンポウゲ科 草丈 / 20~50cm
                               撮影:3月上旬                                  
 

◇まめ知識
「ハーブで美容とスキンケア」
カモミールやラベンダーの花やレモンバーム、ポットマリーゴールド、
ローズマリーなどが肌に良いハーブですが、スキンケアや浴用には適して
いないものもあるので、事前に確認をしてください。
フレッシュでもドライでも、浴槽に入れて入浴すると血行がよくなり、お肌に
もやさしく潤いを与えてリラックスできるハーブバスになります。
また、フェイシャルスチームも、お肌の新陳代謝をたかめてくれます。
スキンケアに適したハーブの浸出液には穏やかな薬効があり、ローション
やリンスにしても効果的です。
添加物の少ない石鹸に練りこむと、簡単にハーブソープが作れます。
 
「ガーデニング」
・ハーブは多くの種類があります。どんなプランで植えるのか、まずはプラ
ンを練りましょう。
・目的を決める:
料理用、芳香用なのか、そして鑑賞用なら、季節、花色、草色の美しいも
のなど庭やプランターで育てるのかなど様々な要素があります。
つぎに地植えであれば水はけ、日当たり、西日が当たらないか、風通し、
土壌の質(酸性ではないか)を確認します。
いよいよ栽培する場所を決めたら、育てたいハーブを選定します。
一・二年草や多年草、木本などの分類、生長した時の株の広がり、株の
張り、草丈などを考慮しましょう。

● Common sage コモン・セージ  

common_sage2.jpg

※ここではセージの中で代表的な、コモン・セージをとりあげました
◇ 分類:シソ科・サルビア属 / 原産地:ヨーロッパ
  学名:Salvia officinalis 
  別名:(和名・ヤクヨウサルビア、ガーデンセージ)
  常緑低木:耐寒性 / 草丈:40~100cm
  開花期:6~7月中旬 / 栽培方法:地植え、鉢植え
◎セージの仲間を大別すると、低木セージと草本セージに分けられます。
◇低木セージ / アジア~ヨーロッパ原産
・コモンセージ(S.officinalis):
この項でとり上げているセージです。
・グリークセージ(S.fruticosa):
葉が一部だけ複葉になり甘い香りがします。葉の裏側は白い毛におお
われています。草丈は100~150cm、
薄いピンク色で半耐寒性(~-15℃)
・スパニッシュセージ(S.lavandulaefolia):
バルサムの香りのする細い葉が特徴、スペインからフランスに分布してい
ます。草丈30cm、料理やティーに利用。耐寒性。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: