So-net無料ブログ作成
検索選択

ガーデニング ハーブとバラ 招き猫の豪徳寺まで散歩 [ガーデニング]

歩き回るにはピッタリのお天気で、早歩きしても汗をかかない気候でしたね。
いつもは電車で通過するだけで、立ち寄る機会の少ない”豪徳寺”まで歩いてみました。
やはり、豪徳寺といえば「招き猫」の発祥の地として有名ですよね。機会あるごとにテレビや雑誌のなどの特集に採り上げられています。
招き猫といえば、豪徳寺だけに限らず東京だけでも”浅草の今戸神社”と”落合南長崎の自性院”があります。それぞれが特色があります。
ここ豪徳寺は境内の招猫観音(招猫観世音菩薩)を祀った招猫殿があり、隣接して招福奉納所があり、ここに招き猫が1000体以上も奉納されています。
周辺は閑静な住宅街の中にある豪徳寺は、曹洞宗の禅寺で江戸時代に彦根藩井伊家の寄進を受け、以後も井伊家の菩提寺として繁栄したといわれます。縁起は江戸時代の初期に井伊家藩主の直孝が付近に鷹狩りに赴いた際に寺の付近を通りかかると、寺の前にいた猫が手招きをしている。そこで一服することにして休んでいると、急に暗雲がたちこめ激しい雷雨になった。
藩主の直孝は”これは猫が招いてくれたおかげで、難をまぬがれた”縁起がよいと喜び、これが縁で豪徳寺は井伊家の菩提寺になったといわれています。

05-05-1347.jpg

maneki-1292.jpg

maneki-1293.jpg
豪徳寺招き猫 

スポンサードリンク




01-01-rose-life-.jpg

simon-bolivar-7437.JPG

simon-bolivar-7440.JPG

simon-bolivar-7438.JPG

simon-bolivar-7443.JPG
品種名:シモン・ボリバー Simon Bolivar
作出国:アメリカ
作出年:1966年
作出者:Armstrong
系統:[HT] ハイブリッドティ
交配親:
咲き方:四季咲き
花形:半剣弁高芯咲き
花径:大輪
香り:微香
樹形:直立性
樹高:170cm
撮影:神代植物公園 2015年10月

01-01-rose-life-.jpg

sanbi-7445.JPG

sanbi-7449.JPG
品種名:賛美 Sanbi
作出国:日本
作出年:1991年
作出者:鈴木省三
系統:[HT] ハイブリッドティ
交配親:
咲き方:四季咲き
花形:半剣弁高芯咲き
花径:大輪
香り:中香
樹形:直立性
樹高:150cm
撮影:神代植物公園 2015年10月
スポンサードリンク





nice!(55)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 55

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: