So-net無料ブログ作成
検索選択

今日のバラは「グリーンオールズグローリー」です [ガーデニング]

本日のバラは、ヤタラと長い花名のフロリバンダ系統のパティオローズです。
まず園芸店でお目にかかることは無いバラでしょうね。呼び名も「グリーノールズ・グローリー」としている例もありますが、これは同じスペルの読み方の違いだけですね。
パティオローズとは、中庭で栽培されるバラという意味で、大きなプランターや大鉢で栽培できるコンパクトな樹形で、ミニチュアローズよりも少し大ぶりなバラというカテゴリーを表します。
日本の作出家・小川宏氏が多くの品種を発表されています。
ミニチュアローズやオールドローズを長年にも亘り、交配試作した結果「カップ咲き」「香りが豊か」「鉢で作れる四季咲き」の3つを満たすバラのことを総称しています。
※小川宏氏 談より

バラ園の風景:
1-1049.JPG
スポンサードリンク





今日のバラ:
greenalls-glory-9668.JPG

greenalls-glory-9669.JPG

greenalls-glory-9666.JPG

greenalls-glory-9670.JPG
スポンサードリンク





・品種名:グリーンオールズグローリー Greenall's Glory
・作出国:イギリス
・作出年:1989年
・作出者:Gordon Kirkham
・系統:[F] フロリバンダ
・交配親:
・咲き方:四季咲き
・花形:丸弁平咲き
・花径:中輪
・香り:微香
・樹形:半横張り性
・樹高:60cm
・撮影:生田緑地ばら苑 2016年5月
スポンサードリンク





nice!(48)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 48

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0