So-net無料ブログ作成

今日のバラは「アンクルウォルター」です [ガーデニング]

本日の「Uncle Walter」は、作出されたイギリスなどの欧米ではHT系統ですが、日本の気候では生育がよすぎて枝が伸長するので、つるバラとして扱います。
赤色のつるバラの代表品種といってもよいでしょうね。つるバラに似合わず10cm程の大輪の花を咲かせます。春から夏までは順調に返り咲きますが、秋の花つきは少なくなりますね。強健でベーサルシュートの発生も活発で、比較的栽培はしやすいが定期的な薬剤散布は必要です。
お奨めポイントは、10cm前後の大輪と、バランスのよい剣弁高芯咲きの花形ですね。

バラ園の風景:春の花菜ガーデン
午後の花菜ガーデンにて

春の花菜ガーデンの風景
スポンサードリンク





本日のバラ:アンクルウォルター Uncle Walter
系統はハイブリッドティーだが日本ではつるバラとして扱う

花形は剣弁高芯咲き

房咲きになり花つきがよい品種

赤色系のつるバラとして人気が高い

つるバラの品種の中でも最も花形が整う

品種名:アンクルウォルター Uncle Walter
作出国:イギリス
作出年:1959年
作出者:Samuel Darragh McGredy Ⅳ
系統:[HT] ハイブリッドティー
交配親:Detroiter × Heidelberg
咲き方:返り咲き
花形:剣弁高芯咲き
花径:大輪(花弁数・26~40枚)
香り:微香
樹形:つる
樹高:400cm
撮影:野津田バラ園 2017年5月
スポンサードリンク




nice!(79)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 79

コメント 1

green_blue_sky

昨日は都電周辺を歩きましたが、バラは枯れ気味、アジサイは元気でした(^▽^;)
by green_blue_sky (2017-06-18 07:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント