So-net無料ブログ作成
検索選択

ガーデニング ハーブとバラ 今日の話題は [ガーデニング]

今日は久しぶりに午前中から商用があり、駒込の六義園の近くにある会社に出かけました。六義園には、春先に桜の撮影で来たので、かって知ったる場所である。中に入ることは、無かったがこの時期でも結構訪れる人も多いようだ。その周囲のレンガ塀を見ながら歩いていると巣鴨駅の近くに出た。
来たときは、東京メトロ南北線の駒込駅から歩いたのだが、帰りは都営地下鉄で帰ることにした。道すがら商店街の店頭に「巣鴨納涼盆踊り」のポスターが、あちこちに貼ってあった。
よく見ると、「トゲ抜き地蔵」で有名な、「高岩寺」の境内で催されるみたいですね。以前に行った感じでは、狭いけど、多くの人が入れるのかな?まッ・・人でごった返すほど集まれば、盆踊りも盛り上がって何よりですね。
開催は、7月28日(木)~8月1日(月)の夕方から開かれるみたいですよ。興味ある方は、主催者に確認してみてください。(何だか大会実行委員会のおっさんみたいになってきた・・けど)
いよいよ夏本番到来ですね。

バラ園の風景:
1-0651.JPG
スポンサードリンク





01-02-rose-life2.jpg

cl-gold-bunny-9492.JPG

cl-gold-bunny-9496.JPG

cl-gold-bunny-9498.JPG

cl-gold-bunny-9493.JPG

cl-gold-bunny-9501.JPG
品種名:つるゴールド・バニー Cl Gold Bunny
作出国:フランス
作出年:1991年
作出者:Meilland
系統:[Cl] クライミング
交配親:
咲き方:返り咲き
花形:半剣弁平咲き
花径:大輪
香り:微香
樹形:つる性
樹高:250cm
撮影:神代植物公園 2014年5月、2015年5月
スポンサードリンク




ガーデニング ハーブとバラ 今日はつるバラのしつけ [ガーデニング]

今月中に夏季のつるバラをしつける時期です。春の花後ですが、放っておくと株の周囲はジャングルのようになってしまいます。基本的に、バラは剪定するものです。つるバラも他の系統と同じように強めに切ってしまいます。(四季咲き性の品種はバッサリ!、一季咲きが多いつるバラは整えるkとを目的に)
やはり、つるバラの誘引はトゲが大敵です。HT種やフロリバンダ系は、手を添えることなくハサミで切ってしまえばよいのですが、つるバラは”しつけ”が手間なのです。両手は切り傷だらけでオマス。
と・・ボヤキ気味ですが何だかんだといいながら、子供も一緒です。手間の掛かるものほど愛おしさが増すというものです。

ハーブ園の風景:
1-1057.JPG
スポンサードリンク





01-02-rose-life2.jpg

geoff-hamilton-0542.JPG

geoff-hamilton-0541.JPG

geoff-hamilton-0539.JPG

geoff-hamilton-0543.JPG

geoff-hamilton-0540.JPG
品種名:ジェフ・ハミルトン Geoff Hamilton
作出国:イギリス
作出年:1997年
作出者:Austin
系統:[S] シュラブ(ER イングリッシュローズ)
交配親:
咲き方:四季咲き
花形:カップ咲き
花径:中輪
香り:強香
樹形:直立性
樹高:100cm
撮影:京成バラ園 2016年5月
スポンサードリンク





ガーデニング ハーブとバラ 今日の話題は [ガーデニング]

昨日で、関東以西は梅雨明けしたみたいですね。なんだか今年の梅雨は、ここ神奈川県北東部では降雨量が少なく、梅雨入りしたの?という状態で、もうすぐ梅雨があけるのか・・。どうも季節感がないんですね。
理由は、感受性が鈍くなったのが原因か、定かではないが兎に角、雨嫌いにとっては朗報です。しかし、気になるのは利根川水系の貯水量・・・この調子だと取水制限になるんかな?マッおちゃんが心配してもどうなるもんでもないのですが、やはり早く解消して欲しいものです。

バラ園の風景:
1-0276.JPG
スポンサードリンク





01-02-rose-life.jpg

blue-magenta-0616.JPG

blue-magenta-0619.JPG

blue-magenta-0620.JPG

blue-magenta-0622.JPG
品種名:ブルー・マジェンタ Blue Magenta
作出国:ベルギー
作出年:1900年頃(推定)
作出者:Van Houtte,
系統:[HMult] ハイブリッド・ムルティフローラ
交配親:
咲き方:一季咲き
花形:ロゼット咲き
花径:中輪
香り:微香
樹形:つる性
樹高:350cm
撮影:京成バラ園 2016年5月
スポンサードリンク




ガーデニング ハーブとバラ 今日の話題は自然 [ガーデニング]

今日は涼しいのよいけれど、気分が落ち込みそうになるスッキリしない天気でした。まだ、この調子が続くのかな・・。梅雨とはいえど中途半端で、関東は水瓶のダムの貯水量が気になるところですが、九州、中国地方は豪雨で水害が発生するとは、なんとも天候不順も極まれりですね。こればかりは、天に祈るしか無いことに気づくと、全て自然によって生かされているのだな!

バラ園の風景:
1-0653.JPG
スポンサードリンク





01-02-rose-life.jpg

furredaiko-0827.JPG

furredaiko-0828.JPG

furredaiko-0832.JPG

furredaiko-0829.JPG

furredaiko-0830.JPG
品種名:ふれ太鼓 Furedaiko
作出国:日本
作出年:1974年
作出者:京成バラ園芸
系統:[Cl] クライミング
交配親:
咲き方:四季咲き
花形:半剣弁平咲き
花径:中大輪
香り:微香
樹形:つる性
樹高:200cm
撮影:京成バラ園 2016年5月
スポンサードリンク





ガーデニング ハーブとバラ 今日の話題は国民投票 [ガーデニング]

今日の話題は、イギリスの国民投票でEU離脱派(派といえる確固たる組織があった訳でもなく)が多数を占めて、離脱に決定した結果を受けて、前首相が退任して26年ぶりに女性首相が誕生して最初のメッセージを発しているニュースをみた感想なんですが。
離脱する時期は、決定していないし年末以降までは発表しない。という自分勝手な政策を(といえるレベルか疑問)聞いて違和感を覚えたので聞きかじり手前の浅い知識しかないのですが書いてみました。
まず、今回の騒動は世界中にイギリスの大恥をさらした。この一言でしょうね。(他の表現は見当たらない)
反主流の意見を持つ者が、アジテートをしていたら・・アリャ~。以外に国民の大半がノッテきちゃったよ!?
ホンマのこというと俺はそんなに、本気で思っている意見ではないんだヨ。と、アレよアレよという間に過半数占めちゃったよ・・ドナイしよぉ~。こんな感じなんですかね。
大英帝国もこの体たらくとは、時代は移り変わっているんですね。でも、ドイツのメルケル首相が要求するように、イギリスも離脱を決めたのだったら、サッサと決めてよね。これは当然ですよね、EU全体に迷惑をかけないでくれというのは、ドイツの意見だけではなくEU全体の意見なのだから。
これまでイギリスが国際的に、迷惑をかけた数々の行動もこれで終わりにしてくれヨ!同感です。
それにしても他人事とはいえませんよね。もしかしたら日本も、近い将来「国民投票」という機会が、かなり具体的になりつつある昨今です。
アジテートに弱いというか、一時の感情に流されて集団心理で突っ走る!という過ちを経験をしてきた我が国民性ですから、生きた教訓にしたいものです。

バラ園の風景:
1-0480.JPG
スポンサードリンク





01-02-rose-life.jpg

blue-light-9345.JPG

blue-light-9348.JPG

blue-light-9350.JPG

blue-light-9344.JPG

blue-light-9346.JPG
品種名:ブルー・ライト Blue Light
作出国:日本
作出年:1995年
作出者:伊東良順氏
系統:[HT] ハイブリッドティ
交配親:
咲き方:四季咲き
花形:剣弁高芯咲き
花径:大輪
香り:強香
樹形:直立性
樹高:140cm
撮影:相模原北公園 2016年5月
スポンサードリンク