So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ
前の5件 | -

今日のバラは「タンジェリーナ」です [ガーデニング]

本日のバラ「タンジェリーナ」は、オレンジ色の花色で”みかん”の色に似ているから名付けられたのだと思います。
”マンダリンオレンジを英語でtangerine、そしてポルトガル語でtangerinaを採って名付けられたと、オッちゃんは推察します。(園芸関係の資料にも掲載がないので・・)
因みに原産地は、インドのアッサム地方で、この地から世界各地へ広まって行ったそうです。イギリス人はオレンジ好きで知られていて、オレンジジュースにして飲むようになったのもイギリスの食文化なんですね。作出者がイギリス人なので、このバラの花色をみれば名付けたのは当然のことでしょうね。
江戸時代に薩摩藩がアメリカ向けに、みかんの苗木を輸出していたそうで、薩摩ミカンと呼ばれていて”Satsuma mandarin”は今でも定着しているそうです。(明治維新の原資の一部になったのだろうか?)

バラ園の風景:
1-0483.JPG
スポンサードリンク





今日のバラ:
tangerina-9790.JPG

tangerina-9789.JPG

tangerina-9788.JPG

tangerina-9791.JPG

tangerina-9793.JPG
スポンサードリンク





・品種名:タンジェリーナ Tangerina
・作出国:イギリス
・作出年:2004年
・作出者:Colin Dickson
・系統:[HT] ハイブリッドティー
・交配親:
・咲き方:四季咲き
・花形:剣弁高芯咲き
・花径:大輪(花びら・17~25枚)
・香り:中香
・樹形:直立性
・樹高:150cm
・撮影:生田緑地ばら苑 2015年6月
スポンサードリンク




今日のバラは「ビブレバカンス」です [ガーデニング]

本日の「ビブレバカンス!」は、明るいオレンジ色のフロリバンダ系統のバラです。丸い弁端が少し尖って軽く反り返る8cm程の中輪花です。セルフクリーニング品種で、花がらを取り除かなくても自然に落ちて、新しい花を開花させます。コンパクト樹形で、ベランダの鉢栽培などにも最適ですネ。

バラ園の風景:
1-0338.JPG
スポンサードリンク





今日のバラ:Vive les Vacances!
vive-les-vacances-0794.JPG

vive-les-vacances-0793.JPG

vive-les-vacances-0792.JPG

vive-les-vacances-0791.JPG

vive-les-vacances-0790.JPG
スポンサードリンク





・品種名:ビブレバカンス Vive les Vacances!
・作出国:フランス
・作出年:2011年
・作出者:Meilland
・系統:[F] フロリバンダ
・交配親:
・咲き方:四季咲き
・花形:丸弁咲き
・花径:中輪
・香り:中香
・樹形:横張り性
・樹高:80cm
・撮影:京成バラ園 2016年5月
スポンサードリンク





今日のバラは「ウィンダミア」です [ガーデニング]

本日バラ、ウィンダミアは淡いベージュのツボミから開花と共に白色に変化する、イングリッシュローズです。大きな抱え咲きのカップ状の花弁はボリューム感のある丸々とし花です。
樹勢の強い強健な品種で、シュートの発生も活発で育てやすいバラです。鉢植えにしても育てやすいですよ。ベランダに咲いていたら、一発で気分が晴れそうですね。

バラ園の風景:
1-0288.JPG
スポンサードリンク





今日のバラ:Windermere
windermere-0013.JPG

windermere-0015.JPG

windermere-0014.JPG

windermere-0016.JPG

windermere-0011.JPG

・品種名:ウィンダミア Windermere
・作出国:イギリス
・作出年:2006年
・作出者:Austin, D.,
・系統:[S] シュラブ(ER イングリッシュローズ)
・交配親:
・咲き方:四季咲き
・花形:カップ咲き~ロゼット咲きへ変わる
・花径:中輪(花びら・41枚~)
・香り:中香
・樹形:横張り性
・樹高:120cm
・撮影:横浜イングリッシュガーデン 2016年5月
スポンサードリンク





今日のバラは「プリンセス アレキサンダー オブ ケント」 [ガーデニング]

本日のバラ、Princess Alexandra of Kent は、イギリスのAustin が作出したバラ、シュラブ系統の大輪咲き品種です。今更なのですが、系統の分類でシュラブと表現して、更に(イングリッシュローズ)と追記してあるのは、紛らわしいと思われるとでしょうね。
モダンローズ→シュラブ系統→イングリッシュローズ という3段階別のカテゴリの中で・・その中の・・という具合に分類されています。しかし、さらに正確にいえば、オールドローズとモダンローズの特長を併せ持っているのが、Austin 作出のイングリッシュローズなのですが。結論としては、素直に3段階別の分類で覚えてもらえれば、よろしいかとオッちゃんは思う今日この頃デス。
(少々ややこしいですが・・如何でしょうか?)

バラ園の風景:
08-27-0179.jpg
スポンサードリンク





今日のバラ:
princess-alexandra-0083.JPG

princess-alexandra-0084.JPG

princess-alexandra-0085.JPG

princess-alexandra-0086.JPG

princess-alexandra-0087.JPG

princess-alexandra-0088.JPG

・品種名:プリンセス アレキサンドラ オブ ケント
     Princess Alexandra of Kent
・作出国:イギリス
・作出年:2002年
・作出者:Austin, D.,
・系統:[S] シュラブ(ER イングリッシュローズ)
・交配親:
・咲き方:四季咲き
・花形:カップ咲き~ロゼット咲きへ変わる
・花径:大輪(10cm)
・香り:強香
・樹形:横張り性
・樹高:120cm
・撮影:横浜イングリッシュガーデン 2016年5月
スポンサードリンク





今日のバラは「プリティジェシカ」です [ガーデニング]

プリティなジェシカちゃん!可愛い名前のバラです。
定番のAUSTIN 社が作出したイングリッシュローズです。このバラの魅力である、オールドローズ香はダマスクを基調とする芳香です。パヒュームのような豊かで洗練された香りは、特筆ものです。

バラ園の風景:
1-0351.JPG
スポンサードリンク





今日のバラ:プリティジェシカ
pretty-jessica-9888.JPG

pretty-jessica-9887.JPG


pretty-jessica-9883.JPG

pretty-jessica-9885.JPG

pretty-jessica-9884.JPG

・品種名:プリティジェシカ Pretty Jessica
・作出国:イギリス
・作出年:1983年
・作出者:Austin, D.,
・系統:[S] シュラブ(ER イングリッシュローズ)
・交配親:
・咲き方:四季咲き
・花形:ロゼット咲き
・花径:大輪
・香り:強香(オールドローズ香)
・樹形:半横張り性
・樹高:120cm
・撮影:生田緑地ばら苑 2016年5月
スポンサードリンク




前の5件 | -
2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ