So-net無料ブログ作成
検索選択
ハーブの効能 ブログトップ

ハーブで健康生活 リンデン [ハーブの効能]


 ●ハーブの効能
ハーブは緑色だけと思い込んでいませんか。花のきれいなハーブは、
もちろん多くあり、葉の色も、銀色やパープルなど多くの種類がありま
す。フェルトのような柔らかい葉をもつものや、堅い葉を持つものまで
様々なハーブが存在します。

◇まめ知識:
・一般的にハーブと呼ばれている植物は、花、葉、茎、実や根に芳香
を持つ仲間の総称です。
そのなかには、一・二年草、多年草(宿根草)、球根類、樹木などが含
まれています。
ヨーロッパの長い歴史の中から、身の回りにある有用な植物を採り入
れ、やがて栽培するようになり、健康や美容に利用されてきました。
その範囲は、幅広く薬用、食用、香料、スパイス、染料など多岐にわた
ります。
そして、現在ではすべての有用植物がハーブと呼ばれています。

● ガーデニング
○Linden リンデン

linden.jpg

   ◇ 分類:シナノキ科・シナノキ属 / 原産地:ヨーロッパ東南
      学名:Tilia europaea
      別名:せいようぼだいじゅ(西洋菩提樹)
      落葉高木 / 草丈:10~40m
      開花期:6~7月
      栽培法 / 地植え
      ※降雨量の多い地域には、適しません。早春にタネまきして
       中秋に苗を植えつけます。
       4年間くらい育て、永久的に生育が可能な場所に植え替え
       ます。大きいものだと約40mにもなります。

◇ 若い木の幹は滑らかで、葉はハート型で小さいく細かな鋸歯縁が
あります。甘い芳香がある、クリーム色の小さな花を下向きにたくさん
咲かせ、やがて球状の実をつけます。

・ヨーロッパでは街路樹や公園樹、庭木として人気がありますが、高温
多湿の日本では、北海道など寒冷地以外での栽培は難しいでしょう。
適温は15~25度でやや冷涼な気候を好み寒さには強いので、冬越
しには問題ありません。

◇ リンデンの歴史:
・西洋菩提樹(Tilia europaea)と日本で古くから寺の境内に植えられ
ている菩提樹は違います。
 仏教では三大霊樹の一つになっている菩提樹とも種類が違います。
 
※リンデンは夏菩提樹(T.platyphyllos)と冬菩提樹(T.cordata)の
雑種で、シューベルトのリンデンバウム(Der Lindenbaum)に歌わ
れている木です。

・無憂樹〔ムユウジュ〕(Saraca asoca)マメ科・・・釈迦が生まれた所
                               にあった木
・沙羅双樹〔サラソウジュ〕(Dipterocarpaceae)フタバガキ科・・・
                        釈迦が亡くなった所にあった木
・菩提樹〔ボダイジュ〕(Ficus religiosa)クワ科・・・
                      釈迦が悟りを開いた所にあった木

・菩提樹の我が国での歴史から見れば、僧栄西が持ち帰ったといわ
れるものを 菩提樹(Tilia miqueliana)、常緑性のものはインド
菩提樹(Ficus religiosa)に分けられ、日本では育たないので代わり
に西洋菩提樹を、菩提樹としました。奈良時代に日本に渡来した。

・幹はとても軽く、虫に食われにくいので、ヨーロッパでは古くから家具
や楽器の材料として好んで使われていました。
ヨーロッパで最も長い歴史を持つ国の一つ、「チェコの国の木」でもあり
ます。 

◇ 適応:
神経緊張、不眠、心身疲労、神経性偏頭痛、ストレス性高血圧、浮腫
水分滞留、動脈硬化、尿路感染症、発熱風邪、冷え性

◇料理・飲み物で楽しむ:
花盛りの時期に、木の下に立つと甘い香りに包まれます。ミツバチは
リンデンの花の蜜が大変好きで、上質の蜂蜜が採れ、リキュールや
薬用に使われます。
花や苞葉で作ったハーブティーは鎮静作用、不眠用に飲まれています。


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハーブで健康生活 ガーデニング コモンセージ PART:3 [ハーブの効能]

●ハーブの効能
ハーブのガーデニングほど楽しく、そして暮らしに役立つ植物があるでしょ
うか。
調理用のびん入り乾燥ハーブしか手に入らなかったのが懐かしいくらい
最近では、お茶や香辛料、お菓子の材料、ポプリ、クラフト、浴剤、芳香剤
香水、アロマテラピーなど多くの用途に利用されるようになり、専門店以外
でも販売されるほど、多くの人から愛好されています。

ohuna_10.jpg
ラナンキュラス(ハナキンポウゲ) 初春に咲く花 キンポウゲ科 草丈 / 20~50cm
                               撮影:3月上旬                                  
 

◇まめ知識
「ハーブで美容とスキンケア」
カモミールやラベンダーの花やレモンバーム、ポットマリーゴールド、
ローズマリーなどが肌に良いハーブですが、スキンケアや浴用には適して
いないものもあるので、事前に確認をしてください。
フレッシュでもドライでも、浴槽に入れて入浴すると血行がよくなり、お肌に
もやさしく潤いを与えてリラックスできるハーブバスになります。
また、フェイシャルスチームも、お肌の新陳代謝をたかめてくれます。
スキンケアに適したハーブの浸出液には穏やかな薬効があり、ローション
やリンスにしても効果的です。
添加物の少ない石鹸に練りこむと、簡単にハーブソープが作れます。
 
「ガーデニング」
・ハーブは多くの種類があります。どんなプランで植えるのか、まずはプラ
ンを練りましょう。
・目的を決める:
料理用、芳香用なのか、そして鑑賞用なら、季節、花色、草色の美しいも
のなど庭やプランターで育てるのかなど様々な要素があります。
つぎに地植えであれば水はけ、日当たり、西日が当たらないか、風通し、
土壌の質(酸性ではないか)を確認します。
いよいよ栽培する場所を決めたら、育てたいハーブを選定します。
一・二年草や多年草、木本などの分類、生長した時の株の広がり、株の
張り、草丈などを考慮しましょう。

● Common sage コモン・セージ  

common_sage2.jpg

※ここではセージの中で代表的な、コモン・セージをとりあげました
◇ 分類:シソ科・サルビア属 / 原産地:ヨーロッパ
  学名:Salvia officinalis 
  別名:(和名・ヤクヨウサルビア、ガーデンセージ)
  常緑低木:耐寒性 / 草丈:40~100cm
  開花期:6~7月中旬 / 栽培方法:地植え、鉢植え
◎セージの仲間を大別すると、低木セージと草本セージに分けられます。
◇低木セージ / アジア~ヨーロッパ原産
・コモンセージ(S.officinalis):
この項でとり上げているセージです。
・グリークセージ(S.fruticosa):
葉が一部だけ複葉になり甘い香りがします。葉の裏側は白い毛におお
われています。草丈は100~150cm、
薄いピンク色で半耐寒性(~-15℃)
・スパニッシュセージ(S.lavandulaefolia):
バルサムの香りのする細い葉が特徴、スペインからフランスに分布してい
ます。草丈30cm、料理やティーに利用。耐寒性。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハーブで健康生活 ガーデニング コモンセージ PART:2 [ハーブの効能]

●ハーブの効能と豆知識
◇ハーブを育てることや、身近にハーブがあることで、ほのかな香りに
よって気持ちが和み、花や葉の優しい色合いで心を穏やかにしてくれ
ますね。 
◇ハーブの豆知識:
ハーブを呼ばれる植物は大変種類が多く、形態には草本に分類され
る草状のものから、木本と呼ばれる生長と共に木になる種類までさま
ざまです。
原産地や分布地も世界各地に広がっているので、性質も一様ではあ
りません。
自分で、イメージしたガーデンプランに適したハーブを選び、ハーブガ
ーデンを作り上げるには、ハーブの性質、特徴、栽培法を理解してお
く必要があります。
● Common sage コモン・セージ
common_sage.jpg 
※ここではセージの中で代表的な、コモン・セージをとりあげました
◇ 分類:シソ科・サルビア属 / 原産地:ヨーロッパ

  学名:Salvia officinalis 

  別名:(和名・ヤクヨウサルビア、ガーデンセージ)

  常緑低木:耐寒性 / 草丈:40~100cm
 
  開花期:6~7月中旬 / 栽培方法:地植え、鉢植え
 
◎セージの仲間を大別すると、低木セージと草本セージに分けられます。
・低木セージ:低木または、亜低木の種類でアジア産とヨーロッパ地中海
沿岸産で、耐寒性があるが高温多湿に弱い仲間と、北米~中・南米産
で高温多湿に強いが寒さに弱い仲間があり、栽培法も異なります。
・草本セージ:木質化しない茎を持つ多年草と、1・2年草があります。
多年草は根茎が冬越しして、翌年に株元から萌芽するタイプが多数です。
花の色が美しく、葉の形や香りが様々で園芸的に楽しめる種類が多く
あります。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ハーブの効能 ブログトップ